コメントを書き込む
お名前
h
リリース: 10/1 2017, 18:28

hange
見た人の数 : 16
コメント : 2
貼り付け

ダウンロード
フラッシュ動画ファイル(FLV9)(2:39:49)

タグ :

お気に入り :

うんちかしまだい
1 : 10/1 18:51:27
ぶりゅ
2 : 10/1 20:29:13
高祖は、沛の豊邑の中陽里の人なり。姓は劉氏、字は季。父は太公と曰ひ、母は劉媼と曰ふ。
其の先、劉媼嘗て大沢の陂に息ひ、夢に神と遇ふ。
是の時、雷電して晦冥なり。太公往きて視れば、則ち蛟竜を其の上に見る。
已にして身ること有り。遂に高祖を産む。

高祖人と為り、隆準にして竜顔、美しき須髯あり。左の股に七十二の黒子有り。
仁にして人を愛し施しを喜み、意豁如たり。常に大度有り。
家人の生産作業を事とせず。壮に及び、試みられて吏と為り、泗水の亭長と為る。
廷中の吏を、狎侮せざる所無し。酒及び色を好み常に王媼・武負に従ひて酒を貰す。
酔ひて臥すに、武負・王媼、其の上に常に竜有るを見て、之を怪しむ。
高祖?ひて留まり飲む毎に、酒の讎るること数倍す。怪を見るに及び、歳の竟はりに、此の両家常に券を折り責を弃つ。

高祖常て咸陽に?す。縦観して、秦の皇帝を観る。喟然として太息して曰はく、「嗟乎、大丈夫当に此くの如くなるべきなり」と。


-1
リンクつながり
2 : https://www.google.co.jp/